予約がまだ処理中であることを示すサプライヤ メッセージ

  サプライヤにて保留中 ステータスまたはステータス コード PS{: .plain} は、一時的なステータスです。このステータスを返す予約があるなら、永続確認 (CF) またはエラー (ER) ステータスとして解決されるまで、モニターする必要があります。

サプライヤにて保留中ステータスの予約は、reservationStatusCode の値により見分けられます。最初の試みで itineraryId 値を含むエラーが返された場合、ただちに旅程リクエストを使用して予約のステータス コードを取得してください。

テストのためにこのエラーを意図的に発生させるには、予約エラー強制発生のページを参照してください。

<ns2:HotelRoomReservationResponse xmlns:ns2="http://v3.hotel.wsapi.ean.com/">
<customerSessionId>abc-123-defg-456</customerSessionId>
  <itineraryId>123456789</itineraryId>
<processedWithConfirmation>false</processedWithConfirmation>
<reservationStatusCode>PS</reservationStatusCode>
<existingItinerary>true</existingItinerary>
  <numberOfRoomsBooked>1</numberOfRoomsBooked>
  <arrivalDate>12/02/2013</arrivalDate>
  <departureDate>12/08/2013</departureDate>
<hotelName>Seagull Hotel Miami Beach</hotelName>
<hotelAddress>100 21st St</hotelAddress>
<hotelCity>Miami Beach</hotelCity>
<hotelStateProvinceCode>FL</hotelStateProvinceCode>
<hotelCountryCode>US</hotelCountryCode>
  <roomDescription></roomDescription>
  <CancelPolicyInfoList/>
<nonRefundable>false</nonRefundable>
  <rateOccupancyPerRoom>0</rateOccupancyPerRoom>
  <RateInfos size="1">
  <RateInfo priceBreakdown="false" promo="false" rateChange="false">
  <RoomGroup>
  <Room>
  <numberOfAdults>2</numberOfAdults>
  <numberOfChildren>0</numberOfChildren>
<firstName>xxx</firstName>
<lastName>xxx</lastName>
  <bedTypeId>14</bedTypeId>
<bedTypeDescription>One King Bed</bedTypeDescription>
<smokingPreference>NS</smokingPreference>
  </Room>
  </RoomGroup>
  <ChargeableRateInfo commissionableUsdTotal="6993.42" currencyCode="EUR" maxNightlyRate="844.46"/>
  </RateInfo>
  </RateInfos>
</ns2:HotelRoomReservationResponse>

この応答は予約成功の応答のように見えますが、reservationStatusCode のところが違います。

対処方法 :

  1. 独自の予約メールを送信する場合、初期予約リクエストの適切な詳細を指定した "予約保留" メールを送信してください。EAN で予約メールを管理している場合 (デフォルトの動作)、これは自動的に行われます。
  2. 旅程リクエストを使用して、5 分 ごとに予約のステータスをチェックしてください。ステータス コードが PS{: .plain} ではなくなるか、あるいは 3 日間 が経過するかのどちらかになるまで、予約のモニターを続けてください。ほとんどの予約は、数時間から 1 日以内に解決します。
  3. 旅程リクエストから 確認済み/CF ステータスが返される場合、予約は正常なステータスとして解決済みです。その場合は、初回の試行で正常に解決した予約と同じように処理してください。独自の予約メールを送信する場合、お客様には標準の予約確認を送信してください。EAN でメールを管理している場合、これは自動的に行われます。
  4. 旅程リクエストから エラー/ER ステータスが返される場合、予約は永久的に失敗しています。標準の予約失敗通知を送信するか、または EAN でメールを管理している場合は、EAN がその通知を実行できるようにしてください。ステータスの変更が発生した時点で、お客様がまだセッション継続中である場合は、予約を再試行するようにお客様に促すとよいでしょう。

PS 予約は、アクティブに管理するのではなく、モニター する必要があることに注意してください。PS ステータスの予約をキャンセルしたり、他の方法で操作したりしようとすると、安定した状態になるまでにさらに多くの時間がかかったり、まったく解決しなくなったりする可能性があります。